Landclimb

自然と戯れて感じたことや発見を綴る

表妙義 白雲山〜相馬岳 白雲山ルート

明けましておめでとうございます

 Landclimbを始めて1年が経ったのかぁ

 誰も読まないであろうブログでも

読んでくれた方にとって素敵な1年でありますように

 

f:id:kj1214:20180102201843j:image

 

31日の大晦日は感染性胃腸炎

死んでいたため記憶がない

正月は落ち着いたが休養

 

2日…

行くか

気だるい身体にムチを打ち

6時に目覚め

いざ表妙義へ

f:id:kj1214:20180102202152j:image

表妙義は怖いけど行かなきゃ

落ち着かない状態になっていた

 

本当は

相馬岳〜金洞山のいわゆる表妙義縦走をするつもりだったが

なにせ気持ちに身体が追っついてない

ここは大人しく

妙義神社〜白雲山〜相馬岳を目指す

白雲山ルートを選択

参考タイム5時間程度らしい

 

日本アルプス登山ルートガイドでは

このルートの難易度は

10段階中9であったため良しとした

f:id:kj1214:20180102203426j:image

ちなみに剱岳別山ルート8

登ったことのある早月ルートは記載なし

次に行きたい不帰キレット7

 

だから不帰キレット行く前に行っておきたいところ

 ただし

白雲山ルートは

表妙義核心部の鷹戻し、ルンゼ20mは含まれていない

アルプスガイドに載ってないのは

恐らく破線だからなんだが

含んだら10段階中10なんだろうな…

 

さて

f:id:kj1214:20180102204026j:image

突入

f:id:kj1214:20180102204511j:image

鎖要らない坂登ると

f:id:kj1214:20180102204553j:image

大に出る

凄まじく綺麗だ

低山らしからぬ風景だな

 

次は

奥の院の3連30m

f:id:kj1214:20180102204821j:image

ここから上がるが

ホールド多数、スラブだから腕力不要

f:id:kj1214:20180102205638j:image

 簡単な鎖場

f:id:kj1214:20180102205726j:image

先の見えないビビり岩

これもそんなビビらない

f:id:kj1214:20180102205911j:image

背ビレ岩

両脇キレてるが

尾根はそこまで狭くない

f:id:kj1214:20180102210138j:image

両脇キレてるのは少し怖いなぁ

ジャンダルムは無理かなぁと思いつつ登る

f:id:kj1214:20180102210431j:image

長い滑り台

今までに比べガッツリなフットホールドは少なめな印象

でもフリクションいいから

滑らない

もし凍ってたら俺なら行かない

f:id:kj1214:20180102210404j:image

下から見ると結構怖そうだが

そうでもない

f:id:kj1214:20180102210903j:image

相馬岳まではざっとこんな感じ

 

景色はとんでもなく綺麗だった

f:id:kj1214:20180102211238j:image

金洞山

近いうちに鷹戻しは落としとく

f:id:kj1214:20180102211352j:image

浅間山

f:id:kj1214:20180102211456j:image

1時間いれるレベルで綺麗だった

でも強風、寒さで20分で下山

そういえば登山者は誰も合わなかったな

 

f:id:kj1214:20180102211623j:image

下山したら

みんな初詣してた…

しかもいっぱい

妙義神社って人気なんだ…

登山スタイル1人はちょっと恥ずかしい

 

山行タイム 3時間40分(40分休憩含)

距離 5.4km

 

f:id:kj1214:20180102211908j:image

白雲山ルートは

そんなにキツくない

いろんな情報集めて前日までドキドキしてたけど拍子抜けしたというのが正直なところ

非常に楽しかった

カチかスローパーばっかりだった

 

恐怖、恐怖と

噂が1人歩きしてる状態だと感じた

難しい場面は無かったし、鎖はしっかりしている。途中足場を掘ってあるようなとこもあったりと破線じゃない理由がある

ただ3点支持や軸等のクライミングの基礎の基礎はミスしないためには必須

 

登山の難しさで言えば

剱岳早月ルートのがよっぽど困難だった

ひたすらにキツイ

 

鷹戻しでも

楽しかったと言えるか

近いうちに検証しよう