Landclimb

自然と戯れて感じたことや発見を綴る

水源にて坐して見る雲起こる時

f:id:kj1214:20171008220552j:image

日光市民が大きな川を連想すると

出てくる大谷川

写真は華厳の滝

その水源は一体どこなのか気になって調べていると

 

「行きては到る、水の窮(きわ)まる処

 坐しては見る、雲の起こる時」

 

という漢詩と出会った

 

良い詩だなぁと惚れ惚れする

 

一本の川をどこまでも登って行くと

やがて滝が連続し細い川となり、さらに登ると川が無くなる。そこが水の窮まる処。つまり水源だ。

そんな水の窮まる処で静けさと快い緊張感を味わいながら、腰を下ろして見上げると、歩きだしたときには遠くに霞んでいた山頂が間近にそびえており、そこから雲がわき起こり流れていく。水の窮まる処は、雲の起こる処である。

 

修行も同じとされる

雑踏から離れて

山深い村そして藪を踏破し崖を登る

そこから生まれ出てくるモノがある

新しいモノが作られていく

 

大谷川の水源は…

大谷川→中禅寺湖→湯川→湯の湖までは分かった

その先は調べても出てこない…

 

うむ

水の窮まる処で

坐して見てやろーじゃないの

雲の起こる時

f:id:kj1214:20171008223049j:image

次回

大谷川水源を求めバリエーションルートを行く