読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Landclimb

自然と戯れて感じたことや発見を綴る

春という名

3月26日

風に春の匂いが混じりだした頃

春が産まれた

 3545gの女の子

 

25日の夜11時半

風呂にお湯を張り、長風呂をしていると

妻が下腹部に違和感を感じた

尿漏れの様な感じだと

破水に関してよく調べていたこともあり、高位破水をすぐに疑えた。

今日の昼まで元気に10kmも一緒にウォーキングをしていたのに

来る時は来るんだと思いながら

冷静に体と頭は動いた

すぐに病院に電話して、やはり破水しているとの事で、そのまま入院

 

日をまたいで1時半にもなると強めの陣痛が始まった。 

まだまだだから寝れそうなら寝て下さいねと言われ、寝てみるものの、やはり痛い様で眠れず。

ここからは自分が想像していたよりも遥かに大変だった。

出産に立ち会うと涙するとか、妻に頭が上がらないとか、いろいろ噂は聞いていた。

自分はどうだったかと言うと

産まれる3時間前から涙が止まらず、ただひたすらにさするしかなかった笑

 

3時間前から何で泣くの!?って思うが

あれほど苦しむ妻を見るに耐えられないのと、何も出来ないからだと、今は思う。

 

産まれた時は

2人が無事でいてくれたことがなによりだった

 

頭が上がらないかはよく分からないけど

感謝しかない。

 

そんな風に産まれて来た春だが

春の名は

結構悩んだ

聞くと

姓名判断はあんまり良くないらしいし

季節の名前は移り変わりがあるから、あんまり縁起がいいわけでもないらしい。

 

でもそんなのはどうでもいい。

そもそも大切な四季を縁起悪くするのが分からない

 

春に産まれたから春っていうのは10%くらい

春は物事の始まりを意味する

春には穏やかで温かく、自分からスタートを切れる女性になってもらいたい。抑圧の中で生きるのではなく、自分の考えた事、感じた事をそのまま表現できるようにと願いを込めてつけた。

 

シンプルだけど

素敵な名だと思う

 

春らしく育ちますように

f:id:kj1214:20170409234848j:image