読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Landclimb

自然と戯れて感じたことや発見を綴る

栃木県 日光市 城山

城山は日光市にある標高443mの低山。

戦国時代1500年半ば、この山の山頂には板橋城という城が築かれ、この山は砦になっていたそうな。

f:id:kj1214:20170128184254j:image

小学生の頃から何度も登った山だけど

そんな山だとは知らなかった。

 

登山と言うよりはハイキングなコースで

f:id:kj1214:20170128184455j:image

ひたすらこんな感じ。

静かでいいし、熊に出くわす心配が無い。

20分もしないで山頂となる。

 

山頂は開けていて

f:id:kj1214:20170128184716j:image

砦と言うだけあって見晴らしがいい。

f:id:kj1214:20170128184755j:image

屋根付きのベンチもあって最高の場所なのに誰もいない。

誰もいないのがこの山の素敵なところ。

 

前回見れなかった日光連山を見たかった。

f:id:kj1214:20170128185102j:image

やっぱ綺麗だ。

 

そういえば

f:id:kj1214:20170128185609j:image

左に見えるのが男体山

右のが女峰山

男体山の初登頂は782年、僧 勝道上人によって初登頂された。でも、一説によると女峰山の対称として男体山と呼ばれるようになったそうだ。

女峰山の方がはるかに登山道は険しいし時間もかかる。見た目も荒々しく男っぽいと思った。

 

でも最近

男は草食化し、ナヨった。

ジェンダーレスと言う意味不な言葉も生まれ、まるで荒々しさのカケラもない、男体山の形の様だ。

誰が名付けたか知らないけど

今の世界には相応しい名だと思う。

ハイセンスだ

 

もしかしたら700年代もそうだったのかもな