読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Landclimb

自然と戯れて感じたことや発見を綴る

何故山に登るのか

登山

f:id:kj1214:20170103171332j:image

昔の自分は登山に何の興味もなかった.小さい頃から風景写真には興味があって、いろいろな景色は撮ってきたけど、山を撮りたいと思った事がなかった.さらに日光連山の麓に住んでいるにも関わらず、あの山に登ってみたいとすら思うことはなかった.

 

登山との出会いは富士山だった.

高さ日本一だし興味本位で登って見たいと思って、ふざけた格好で登って踵がボロボロになったのを覚えている.

雨降ってきたらどーするつもりだったんだろ.

 

今はどうだろう

登ってみたい山ばっかりだ

何故山に登るのか

 

綺麗な景色を見るため

f:id:kj1214:20170103172021j:image

登山の醍醐味と言っても過言ではない、山頂から見る景色.

景色を見るために登ってるのも1つの目的だろう.なら手っ取り早くロープウェイを使って楽に見に行けばいいのではないか.でもロープウェイを使っての登山はした事がない.

個人的に、登った気がしないからロープウェイは好まない.

多分景色だけでは無い魅力があるはず.

 

Mなのか

登山は時には14時間も歩きっぱなしの時もある.正直キツイ.それでも歩みを止めないのはキツイのが好きなのか.

答えは否.

人生でMだなぁと思ったことは無い.

 

達成感を得るため

f:id:kj1214:20170103172757j:image

険しく難しい山に挑んで、登頂出来た時の達成感は他には変えられないものがある.

ボルダリングも同じで、難しい課題を登れた時はめっちゃ嬉しいもんだ.

ロープウェイがある山でロープウェイを使用しないのも達成感が半減してしまうから.

また登山は山行プランを仲間と練り、緊張しながら山に向かう.今日も無事に下山できますようにと祈って.その協力プレイと緊張感があるから達成感が生まれるのだと思う.

 

結論

何故山に登るのか

  1. 他には変えられない達成感を得るため
  2. 綺麗な景色を見るため

 

自分の場合はこの2点に集約出来るんではないか.