Landclimb

自然と戯れて感じたことや発見を綴る

5段という境地

f:id:kj1214:20190507204520p:image

前回の宿題だった

日々の暮らし1級

ラクリ初段を回収して

百里眼1級を終わらせる事ができた

 

本命だった

阿修羅は落とせず

ガリガリ君は相変わらず

腕をガリガリしていく

 

f:id:kj1214:20190507204833j:image

2段が落とせない

いったい5段とはどんな世界なのか

 

一度そこまで行ってみたい

無理と思ったらそこまでだし

出来ると思っているうちは成長するだろう

いずれにせよ

目指す

平成が終わろうが何が始まろうが

f:id:kj1214:20190430214103j:image

GWという無駄に長い休みを迎えようとしていたところ

 

まさかの感染性腸炎

2日、もがき苦しむ事となった

 

正月を思い出すなぁ…

 

回復した直後

子持山に向かう

体力回復にはちょうどいい山だった

 

ジムでは2級が

まぁまぁ安定して落とせるようになってきた

次は1級の壁か…

長いな

 

f:id:kj1214:20190430214535j:image

心を動かされる事が減りつつあり

平成最後もクライミング

令和始まってもクライミング

何かに登っては降り

登っては降りを繰り返している

 

もうそれでいい

何かと向き合い続けていると

変に落ち着く

 

自分にとって大切なことは

実に平凡だがかけがえのない

ほんの数個の事しかない

 

シンプル

そんなんが良いと思う

 

たまたま立ち寄った服屋で

ライミング以外の服を買った

実に3年ぶりとかか

 

久々に心が動いた瞬間だった

マンモスの復活とメロミスの絶滅

f:id:kj1214:20190311212026j:image

オーストラリア、グレートバリアリーフの小島に生息していた

ブランブルケイ・メロミスというネズミが絶滅した

哺乳類として初めて環境変動によって絶滅したと言われているそう

 

少しの環境の変化で絶滅するものもいる

いずれは人間もそうなるんだろうな

f:id:kj1214:20190311212438j:image

 

捨てたらア缶

 

小学生で学ぶ

そして常識となるが

いまだにゴミだらけ

 

少しでも何かをと思って

WWFの会員になって寄付を始めた

 

個人がいくら望んでも

日本の某大学は

マンモスの復活の研究をしている

マンモスの化石から遺伝子を抜き取って、ネズミの卵子に突っ込んで

またマンモスを生み出そうとしている

 

一種の歴史をほじくり返して

見世物にし

どうせ、研究材料になっての繰り返し

 

中国は和牛の卵子を日本から密輸したり

HIVに耐性のある、クローン人間を生み出したり

 

もう『生』というものが

はちゃめちゃになりつつある

f:id:kj1214:20190311213211j:image

 

「今、裸でエベレスト登れるか

    賭けしてんだけど

    多分死んじゃうんだよねぇ

    次死んだらさ

    HIVの耐性と花粉症の耐性付けてって先生に

    伝えといて

    あ、あと生き返るのは1年半後がいいな

    火山に飛び込んで何秒くらいもつか

    賭けする予定だから」

 

多分、こんな事になる

金があれば何でもありになる

馬鹿でも分かるのに、研究者がやってる

金が欲しいからだろうけど

 

もうやめたらいい

 

f:id:kj1214:20190311214821j:image

 

必要なのは

多分、そんなことじゃない

 

金好きには分からない話

ビレイヤーとして

f:id:kj1214:20190304224737j:image

自分に必要なものが

自由に手に入いる歳になった

 

今回入手したのは

マムートのビレイデバイス

カンプのハーネス

 

本もカメラも

1つ1つが自分の大切なツールであり

今回、その2つが仲間に加わった

 

命に関わるデバイスなだけに

しっかりしたものを準備

 

阿吽

これ目指す

2歳を迎える娘

f:id:kj1214:20190208213110j:image

小さな身体で背負う未来は

あまりにも不条理で薄汚いかもしれない

でもそんな日々の中に

何か大切な事、モノ、人を見つけて

カッコ悪くたって守ろうとする

そんなんでいい

 

自分が死ぬまでは

娘の幸せを誰よりも願い、見守ろう

ウザいと思われながらも

f:id:kj1214:20190208213642j:image

生まれた日を今でも思い出す

こんな父のもとに産まれて来てくれてありがとう

これからも健康でありますように