Landclimb

自然と戯れて感じたことや発見を綴る

新年、攻めに転ずる

新年早々に風邪をひいてしまった

引きが強いらしい

2日に娘と妻と初詣に行き、毎年同じ事を願う

大学時代から同じことを願ってる気がする

f:id:kj1214:20190105202332j:image

娘と2人して末吉

まぁ

そんな位が丁度いい

 

そして

新年初登りは月山

f:id:kj1214:20190105202543j:image

絶不調の中の強行だった

しちゃいけないのは分かってるが

身体は気持ちを抑制出来ず、攻めた

f:id:kj1214:20190105202742j:image

もはや遊びではない

ライフワークだ

外岩も同じ

だが、絶不調の時に落とせる課題と向き合ってない

体調を完璧にして臨む

f:id:kj1214:20190105203109j:image

新年明けてからも

暇が無い

ずっと何かをし続けている

意味のあること、ない事

 

自治会長にご挨拶

どれほど長として魅力的なのか知らんが

こちらから、菓子折り持ってこうべを垂れるほど敬ってないし親しくない

なんならお隣さんの方がよっぽど大切だ

何の躊躇もなくよろしくお願いしますと言える

 

屁理屈とよく言われるが

何が間違いなのか教えて欲しい

 

f:id:kj1214:20190105205616j:image

綺麗な景色のお陰で

今はどーでもいい話

今年も終わる

f:id:kj1214:20181230211209j:image

雪の舞う里山

f:id:kj1214:20181230211245j:image

めちゃくちゃ滑るハシゴと戦い

ライミングに行って

夜は幼馴染12人との飲み会

また今年も同じ事をして終わる

 

やっぱ自分の考え、思考は

地元から発生したんだと改めて思った

 

夢を捨てて

のらりくらりと生きることにいつのまにか慣れていて

あの頃のガキの思考は無くしていた

 

いつも年末

地元の奴らが気づかせてくれる

 

やっぱ攻めてないとダメだ

来年の目標はとにかく「攻め」にこだわろうかと思う

 

攻めとは何かというと

自分の気持ちに正直に

その思いを全力で形にする

 

f:id:kj1214:20181230211929j:image

第2子がお腹の中にいる事が分かった

0度の気温で

外岩に30分足らずで

寒さに限界を感じ触れることをやめた

やっても無駄だと感じてしまった

 

子に何かを伝えていく身として

 

雪が降ってようが岩に食らいつく男でいたい

30歳となり

いよいよ本番だ

 

やってくれよう

吹雪の中倉山へ

晴れの予報に

大平山を攻めることにしようとしたが

時間的に無理があって

急遽、通い慣れた中倉山へ

f:id:kj1214:20181209192633j:image

雲行きが怪しい

f:id:kj1214:20181209192727j:image

うっすら雪化粧

そして凄まじい風と粉雪

f:id:kj1214:20181209192823j:image

頂上には5分の滞在となった

体感的に気温は−10くらいあった

f:id:kj1214:20181209192956j:image

1人だったら

頂上には行かなかったかもなぁ

終わりに近づく地球

f:id:kj1214:20181129220632j:image

地球温暖化はさらに加速している

あと数十年したら

地球の気温は徐々に高くなっていき

異常気象のオンパレードになる

 

今の世界は

隣の国とも協力できない始末

徴用工、独島、慰安婦北方領土

 

もうすぐ地球が壊れるってのに

そんな話ばかり

地球が壊れて、水と資源を奪い合う戦争が起きるまで裁判してりゃいい

ひどく滑稽だ 

 

地球温暖化を食い止めるには

温室効果ガスの量を今より55%削減しないといけないらしい

 

今から守れば救えるかもしれないのに

 

やはり人はあまりにも愚かだ

f:id:kj1214:20181129221808j:image

急遽雪山と化けた金精山

f:id:kj1214:20181124205745j:image

雪が降っていた

金精山

想定外の積雪

通常装備しか無いにも関わらず

中止は頭に浮かばなかった

f:id:kj1214:20181124210119j:image

まだ暗い

もちろん踏み跡は無い

一歩一歩に注意を強いられた

f:id:kj1214:20181124210638j:image

日が上がる頃

雪が音を吸収するのか

シンとしている

f:id:kj1214:20181124210803j:image

西には月

群馬、新潟方面だろう

美しい

f:id:kj1214:20181124210911j:image

標高を上げるにつれて

木々が寒さを物語る

f:id:kj1214:20181124211001j:image

ひたすらに綺麗だった

2000m越えの雪山は初めてだった

この美しさにハマってしまいそうだ

f:id:kj1214:20181124211209j:image

2244m金精山

f:id:kj1214:20181124211334j:image

時折海外に生まれた人を羨む事がある

それは

4000m〜8000m峰がある事だ

いつか登ってみたい

自然が好きとぬかす前に

改めて

自然と触れ合うことがライフワークになりつつある

f:id:kj1214:20181118204544j:image

しかし

 

家に帰れば

電気を消し忘れて

寒いからと暖房を使って

作るのが面倒だからとスーパーで惣菜を買いに車で出かけ、ビニール袋をたくさん抱えて帰ってくる始末

 

ただのクソ野郎でした

 

罪滅ぼしとはいかないが

自分にすぐ出来ること

 

  1. WWFの会員になり、微力ながら寄付する
  2. 山に出かけた時は、ゴミを袋1つ分拾ってくる
  3. シャワーじゃなくて風呂の水使う
  4. 環境に配慮した製品を選ぶ、使う
  5. 車はなるべく使わずに移動する

 

まずはここから始めよう

何もしない奴がボタニカルボタニカル騒ぐ現状を憂うのであれば

まずは自分が行動しないといけない

 

とりあえず

暇があったら山にゴミ拾いに行こう

 

f:id:kj1214:20181118205253j:image

言ったからには

地球に約束する

半月山は時を忘れる

f:id:kj1214:20181104203938j:image

f:id:kj1214:20181104204019j:image

半月山

この山との出会いは

時間との戦いだったから出会う事が出来た

と、言うのは

 

元々はボルダー群を見つけたため

下見に行ってくる予定だった

 

外に出てみると

星綺麗じゃないか…

んー

現在、朝の4時

朝の9時には家にいなくてはならない

 

何故ならば

妻の美容院が予約されているからである

9時自宅待機は最重要任務である

残り5時間、内2時間は移動で割かれる

 

残り5時間

正味3時間で自分に何が出来るだろうか

熟考した後一つのプランが立った

  1. 半月山への登山
  2. ボルダー群の下見

この2つだ

 

半月山には20分で頂上を目指せるルートがある

余裕がある

1時間くらいで中禅寺湖に到着

さて、駐車場への道は

朝7時まで封鎖?

現在5時

想定外だ…

 

 残り4時間

 

別のルートでは表記されているコースタイムは往復4時間かかる

 

諦めきれず

攻めることとした

f:id:kj1214:20181104204124j:image

朝5時半、暗いなぁ

登山口まで2km弱ある

湖畔をランニングするのだが…

怖い

f:id:kj1214:20181104211235j:image

明るくなってきた

写真には無いが、あの山の左の山に行く

f:id:kj1214:20181104211325j:image

朝6時半

頂上に到着

 

残り2時間半

 

1時間5分で頂上までやりきった

f:id:kj1214:20181104203938j:image

f:id:kj1214:20181104211528j:image

いつもは渋滞の展望台も

一人きり

f:id:kj1214:20181104211608j:image

なにせ、日の出前に走ってるような奴は

自分だけだったからである

しっかし美しいな

 

これを最短なら20分で見れるのか

ちょっと残念な気持ちにもなる

あっという間に7時

 

残り2時間

 

下山せねば

40分で下山

f:id:kj1214:20181104205314j:image

f:id:kj1214:20181104205438j:image

7時40分に中禅寺湖を出て

ボルダー群経由で帰ると1時間半はかかる

つまり…9時10分

ジ・エンドだ

 

大人しく帰ろう

残り20分

無事自宅へ帰宅

 

ボルダー群よ

またの機会だ