Landclimb

自然と戯れて感じたことや発見を綴る

ボルダリング ジム Flash

f:id:kj1214:20180117230259j:image

100課題開催中

 

今回も楽しい課題が多いなぁ

25課題まで出ていて

25までは3級相当

 

2時間やって2本終わらず

ゴール核心と猫ポケット核心

 

禁煙2日目

ふとした時に一服を考えてしまう脳

完全にニコチンのしもべと化していた

 

強くなりたい

禁煙必須

 

ただただお経の様に唱える

禁煙と向き合う

風邪をひいた時に

ふと思った

これが肺がんだったら…

 

多分、喫煙していたことを後悔してしまう

つまり

自分の人生を後悔して死ぬことになる

 

それだけは嫌だなぁ

 

と思った

f:id:kj1214:20180116205427j:image

頂上で吸う一服より美味いものは無いんじゃ?

と思うくらい至福のひとときなわけだ

 

タバコは

パフォーマンスを下げることは良く知ってる

 

この矛盾の中で生きてきた

 

しかし

本日より禁煙する事を家族と神に誓う

 

ただニコレットの助けは借りようと思う

 

登山のため

ボルダリングのため

健康のため

家族のため

 

ニコレットは禁煙率10〜20%という狭き門

ただただ耐え抜こう

 

3ヶ月後が楽しみだ

 

頂上での一服は苦めのコーヒーにしようかと思う

f:id:kj1214:20180116210238j:image

ボルダリング遠征 ルトラルトラ

f:id:kj1214:20180108171229j:image

響きが可愛いこのジム

カジ丸さんが店長らしく

小さな可愛らしい女性だった

なのにジャパンカップ等で活躍するトップクライマー

30日連登しても折れないメンタルを持っているらしい

尊敬に値する

 

課題は甘めもあれば辛めもあり

処理の仕方でだいぶ変わるよく考えられてる楽しい課題ばかりだった

5時間がサクッと終わった

3級 多数

2級 4本

完登するも

1級 0本…

可能性を感じる1級は何本かあった

 

凄まじいスラブ2級

セッター カジ丸さん

ポイントを教えてもらった

 

無理…

 

トップクライマーは異次元だ

いずれは行くよ異次元に

 

そして

2人の友人の式の日取りが決まった

幸せこの上ない

きっと俺の人生においても最高の日になるだろう

 

改めて未来永劫の幸せをお祈りする

 

3級の壁突破

3級をコンスタントに落とす事ができる

イコール

初心者卒業

 

と誰かが言ってたのが頭に残っている

 

今日は3級4本を1時間で落とした

このレベルで出来ると

2級も落とせる事が増えてきた

1級は距離があるから

リーチの無い分ムーブと保持力で解決する必要があるが、ムーブが追いついてない

 まだ数える位しか登れていない

 

昔の記事に

今年中には1級を落としたいと書いていた

 

目標達成してるな…笑

 

初段は触れていない

1月13日から100課題が始まる

セッターは相変わらず豪華だ

 

強化月間開始だ

 

f:id:kj1214:20180105232052j:image

3級が問題なく落とせてきた

オンサイト3級

レッドポイント2級と言った感じか

ちょっともった感あるけど

1級レッドポイントはまだ無理だな

もう初心者卒業と言っていいだろうか

 

かれこれ1年半かかった

次は中級者目指そう

日本で最も難易度の高い山はどこか

日本には未踏峰は無い

そんな日本で最も登る事が難しい山はどこなのか

f:id:kj1214:20180103194422j:image

そんな事をいまだに調べてしまったりする

 

登山は登山道を歩くが

経験の必要な破線のルートもあるし

バリエーションルートもある

さらにはザイルが無ければ行けないルート

リードクライミング

 

ルート、季節、装備次第でいかようにも難しくなる

それが解だろう

分かってはいるが求めたくなる

 

自分が知っている最もヤバイチャレンジは

※フリーソロでのエル・チャピタン登攀 

未踏峰であったリンクサール西峰 登攀

 

このレベルは記事になる

トップクライマーのする事

 

俺は日本の群馬、栃木、山梨、長野、富山

で綺麗な景色を見て、ワクワクするチャレンジが出来れば十分満足出来ている

 

一般登山道で難易度を求めた所で

所詮一般の人でも行けるから一般登山道な訳だ

劔岳を源次郎尾根で登ろうが、早月で登ろうが

劔岳登攀には変わりない

 

つまり

一般登山道に難易度を求める事がおかしいのかもしれないな

f:id:kj1214:20180103210541j:image

難易度はボルダリングに求めよう

表妙義 白雲山〜相馬岳 白雲山ルート

明けましておめでとうございます

 Landclimbを始めて1年が経ったのかぁ

 誰も読まないであろうブログでも

読んでくれた方にとって素敵な1年でありますように

 

f:id:kj1214:20180102201843j:image

 

31日の大晦日は感染性胃腸炎

死んでいたため記憶がない

正月は落ち着いたが休養

 

2日…

行くか

気だるい身体にムチを打ち

6時に目覚め

いざ表妙義へ

f:id:kj1214:20180102202152j:image

表妙義は怖いけど行かなきゃ

落ち着かない状態になっていた

 

本当は

相馬岳〜金洞山のいわゆる表妙義縦走をするつもりだったが

なにせ気持ちに身体が追っついてない

ここは大人しく

妙義神社〜白雲山〜相馬岳を目指す

白雲山ルートを選択

参考タイム5時間程度らしい

 

日本アルプス登山ルートガイドでは

このルートの難易度は

10段階中9であったため良しとした

f:id:kj1214:20180102203426j:image

ちなみに剱岳別山ルート8

登ったことのある早月ルートは記載なし

次に行きたい不帰キレット7

 

だから不帰キレット行く前に行っておきたいところ

 ただし

白雲山ルートは

表妙義核心部の鷹戻し、ルンゼ20mは含まれていない

アルプスガイドに載ってないのは

恐らく破線だからなんだが

含んだら10段階中10なんだろうな…

 

さて

f:id:kj1214:20180102204026j:image

突入

f:id:kj1214:20180102204511j:image

鎖要らない坂登ると

f:id:kj1214:20180102204553j:image

大に出る

凄まじく綺麗だ

低山らしからぬ風景だな

 

次は

奥の院の3連30m

f:id:kj1214:20180102204821j:image

ここから上がるが

ホールド多数、スラブだから腕力不要

f:id:kj1214:20180102205638j:image

 簡単な鎖場

f:id:kj1214:20180102205726j:image

先の見えないビビり岩

これもそんなビビらない

f:id:kj1214:20180102205911j:image

背ビレ岩

両脇キレてるが

尾根はそこまで狭くない

f:id:kj1214:20180102210138j:image

両脇キレてるのは少し怖いなぁ

ジャンダルムは無理かなぁと思いつつ登る

f:id:kj1214:20180102210431j:image

長い滑り台

今までに比べガッツリなフットホールドは少なめな印象

でもフリクションいいから

滑らない

もし凍ってたら俺なら行かない

f:id:kj1214:20180102210404j:image

下から見ると結構怖そうだが

そうでもない

f:id:kj1214:20180102210903j:image

相馬岳まではざっとこんな感じ

 

景色はとんでもなく綺麗だった

f:id:kj1214:20180102211238j:image

金洞山

近いうちに鷹戻しは落としとく

f:id:kj1214:20180102211352j:image

浅間山

f:id:kj1214:20180102211456j:image

1時間いれるレベルで綺麗だった

でも強風、寒さで20分で下山

そういえば登山者は誰も合わなかったな

 

f:id:kj1214:20180102211623j:image

下山したら

みんな初詣してた…

しかもいっぱい

妙義神社って人気なんだ…

登山スタイル1人はちょっと恥ずかしい

 

山行タイム 3時間40分(40分休憩含)

距離 5.4km

 

f:id:kj1214:20180102211908j:image

白雲山ルートは

そんなにキツくない

いろんな情報集めて前日までドキドキしてたけど拍子抜けしたというのが正直なところ

非常に楽しかった

カチかスローパーばっかりだった

 

恐怖、恐怖と

噂が1人歩きしてる状態だと感じた

難しい場面は無かったし、鎖はしっかりしている。途中足場を掘ってあるようなとこもあったりと破線じゃない理由がある

ただ3点支持や軸等のクライミングの基礎の基礎はミスしないためには必須

 

登山の難しさで言えば

剱岳早月ルートのがよっぽど困難だった

ひたすらにキツイ

 

鷹戻しでも

楽しかったと言えるか

近いうちに検証しよう

20代最後の大晦日が過酷すぎた

20代最後の年末年始を

全力で楽しもうとしていた

f:id:kj1214:20171231134602j:image

 

正月には表妙義縦走を計画していた

 

娘が今週は調子悪く

医者に何度か通い、軽い風邪との事だった

昨日30日になって妻が感染性胃腸炎発症し

娘が感染性胃腸炎であったことを悟る

 

感染性胃腸炎はノロやロタや

何種類も原因菌がある

夜間休日診療をこんなにフル活用するとは思いもしなかった…

 

ちなみに夜間休日診療所では菌の検査は出来ない

 

何とかひと段落し

娘を寝かしつける

31日になった時

 

ん、

ヤバイヤバイ…

俺まで気持ち悪い…

そう感じた時には時すでに遅し

感染性胃腸炎発症

 

一晩中トイレと友達に…

 

娘は夜中起きるし

妻はグロッキー

俺はこの1年何も病気にならず

元気であったのに、今菌に負けてる自分が情けなく感じていた

 

ようやく今になって吐き気が落ち着いてきた

 

正月に発症しなかった事が

不幸中の幸いか

 

来年は家族が健康でいれますように